ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

文句とわたし

一次予防。

(まずは予防。

一次予防、これもまた平時にできることだ。

すんごい地味だし、なんだよそれ耳タコだよ。ってことばかりでインパクトも少ないから軽く扱われているのだろうか。

 

それらを怠っておきながら、不摂生を積み重ねておきながら、いざ困った事態になると棚に上げてあちこちに文句を垂れるその心は。どの角度から見ても理解に苦しむ。

 

感染症初期の頃だってそう。(今も大して変わってないけど。)大騒ぎになっていたが、怖いのは今に始まったことじゃなかろうよ。怖いのは感染症だけでもなしに。

未知で溢れてんじゃんこの世の中は。

わかってることでさえ慣れてしまえば忘れ去られていく。

 

平和ボケしててなんも考えてない己のポンコツっぷりがわんさか出てきたのなら、とっとと対処、対策すればいいだけのことだ。

やれ国が、病院が、役所が、学校が、会社が、親が、旦那が、妻が、子どもが、ペットがうんたらかんたら。

文句ばっかり。

いや、さすがにマスク配り始めたときは瞬間湯沸かし器状態になったけどもよ。

そういう国を選んで甘んじて生活してんのも自分なのだ。

 

あなたは何をしているのだろう。誰かを助けるために、守るために何かしているのだろうか。

文句を言う人間のほとんどは、自分では一切何もしていないのに(都合よくやってるつもりになっているだけなのに)、誰かに何かをしてもらうことばかり考えている。

 

そんな人間ばかりで構成されている社会で、どうして何かをしてもらえるのだろう。

なんで自分だけは何とかしてもらえると勘違いするのだろう。

手ぇ回らないんだよ。

 

てなことを言うと、自己責任論者かよと言われることがあるんだけど、違うっつーの。

五体満足で、快適環境に身を置いているにも関わらず、やることやらずに怠っておいて、文句ばっか言ってんじゃないよって話。

 

そこまでするか?ってくらい、どこを突かれても痛くも痒くもないくらいやってやってやり尽くした上で、言うことがあるなら正々堂々と言えと思う。

 

やるのは自分。

自分や大事な人たちを守り助けるのも自分。

誰も助けてくれない前提で考えること。(普段から十分助けてもらってるんだから、それ以上のことを望むなっての。

 

こちらのツイートに出会えたのでシェア。

まとめたもの↓

note.com

 

こういう視点や実際に行動に移せる瞬発力もわたしは身に付けていきたい。