ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

怖い話とわたし

悪夢。

(苦しい夢。

冬場は特に、夜が長いのと寒いのとで睡眠時間がべらぼう長くなる。

何かに取り憑かれてんじゃないかってくらい、貪るように睡眠をとる。

朝までガッツリ熟睡できればいいのだが、たまに夢を見ることがあって、

楽しい、腹が立つ、哀しいなどなどバリエーションは様々あるが、夢を見ると大抵疲れるのだった。

 

この日は特に疲れる夢だった。

漬物石のような重りを付けられた状態で、水中でもがき苦しむという内容だ。

もがいてもがいて、沈んでいく。

つらい。苦しい。呼吸がうまくできない。重い。内臓を圧迫するような重みだ。

とにかく、重い。

 

水面から顔を出したい。え?トイレにも行きたい?

もうだめかもしれない…このままわたしは死ぬのだろうか…。苦しい苦しい苦しい…。

 

最後の力を振り絞って、思い切りヒュッっと息を吸い込む。

夢からうっすら現実に引き戻される。

ああそうかこれは夢だったか…よかった。でも、まだ苦しい。

 

まだ、苦しい…?

 

 

くるし…

 

 

 

f:id:hitorigochirublog:20211220112613j:plain

 

f:id:hitorigochirublog:20211220112616j:plain

「ニャンだよ?」

f:id:hitorigochirublog:20211220112619j:plain

 

お前か…!!!!!

 

貴様何キロあると思ってんだ(※5キロ弱)そりゃあ重いわ苦しいわ!

腹と膀胱のあたりに思い切り居座りやがってうっかり漏らすとこだっただろうが!

 

実家に泊まりに行くと、わたしの布団か母の布団に潜り込むことが増えたが、

とうとう人の上で暖を取るようになった。

四本のあんよで歩かれると体重がピンポイントでのしかかるから余計苦しいんだよ。人を何だと思ってんだまったくもう。

 

などと説教するも、意に介さず。おすましローやん。

f:id:hitorigochirublog:20211220112610j:plain

「おう、やっと起きたか。早くおやつくれ。」

(くそう…可愛い。けど、苦しかったので仕返しにモフモフしたった。)

 

睡眠の際はくれぐれもお気をつけあれ。