ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

干し芋とわたし

ついうっかり。

(買い過ぎた。

ひと仕事を終え、夕飯の買い出しへ。

今日は何が食べたいのか行方不明だなあ…と食欲迷子になっている時は、大抵どっかが削れているか過剰になっているか。(この日は前者。

 

ふと目に着いた干し芋コーナー。

 

途端に胃がぎゅるぎゅると活動を始め、目が爛々と輝き始める。

これ!これ!!と脳内司令部が反応を示す。

現地まで行って箱買いをしたいと願っていた、神々しく黄金色に輝く茨城県産の干し芋たち。

通販で注文している干し芋が届くのは来月だったから、こんな身近なところでお会いできるなんて嬉しい。 

埼玉まで運んできてくれてありがとう…!などと、各方面に向かって合掌。


「芋師のこだわり、とろあま仕上げ」だなんて、ぜったい旨いに決まってる。

この文字を見ただけで口の中に甘さと香りが広がった。

 

農家さんたちのこだわりが詰まった干し芋たち。どれもこれも美味しそう。

干し芋がブースターとなり、夕飯らしい献立も浮かんだのでちゃちゃっとカゴに入れてレジへ向かう。

 

「お会計、5,880円です。」

 

?!高っっ!!!??

 

普段高くても2千円程度なのに、これは何かの間違いじゃ…とレシートを見ると、

…あっ干し芋だけで5千円超えてた。

 

好きなものには目がないの。値札なんて見やしない。

財布の紐も緩くなるってもんよ。

 

しっとりとろとろ上品な甘さ。

次はトースター(我が家は魚焼きグリルだけど)で焼いて食べよう。

とても美味しくいただいている。