ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

夏とわたし

f:id:hitorigochirublog:20210711104206j:plain

夏が来る。

(梅雨明けカウントダウン。

太陽が久しぶりに顔を出し、朝からもわっとへばりつくようなヌルさ。

昨年にくらべたら比べ物にならないくらい過ごしやすいけれど、

それでも挫けそうになるわたしだ。

 

大黒摩季姐さんの「夏が来る」を脳内BGMにして、外出キャンセルしたい気持ちをなだめすかし用事を済ませた後は、ビールをくわっと一杯。(我慢できなくて写真撮る前に飲んじゃったよ。笑

 

結局半分しか飲めなかったへっぽこだけれども、汗だくでヘロヘロになった身にしみわたるーー。

「最初の一口」がとにかく美味しい…。わたしも泡となって消えそう。

昼間っから飲めるこの背徳感…じゃなかった幸福よ。

 

「来週からはお店閉めるんです。」と悲しそうな顔で店員さんがおっしゃっていて、

一体この人たちが何したってんだよ。と、懇々と湧き出てくるのは怒りばかりで。

 

周囲を見ても、みな静かに、ただただ美味しそうにお酒を飲んでいる。

 

普段お酒を飲まないわたしでさえ、「外で飲むからこその良さ」を感じるのに、

お酒が大好きで、心から愛している人たちの気持ちを想うと、どうしたって怒りが湧いてくるのだった。

 

○○が悪い。と何かのせいにするのは簡単だけれど、

”今のこの状態”をこの状態たらしめて来たものは何だろうか。

 

そこを考えてみると、自ずと見えてくるものがある。

まずは己から。の意味を取り違えるな。

 

今年もビールが美味しい季節は、すぐ目の前にやってきている。