ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

やさしさとわたし

f:id:hitorigochirublog:20210606054434j:plain

週に一度のおたのしみ。

(花の活け方については…おいおいだ!笑

毎月27日に季節の花を仕入れていたのが、いまでは毎週の楽しみとなった。

 

ズボラなわたしは、育てやすく長生きしてくれる観葉植物や多肉植物を好んで迎え入れていたけれど、切り花には切り花の美しさと潔さがあるなあとその魅力を想う。

 

一輪挿しの花瓶にもちょこんと移してデスク周りに置いておくと、コリコリトゲトゲしていた気持ちが柔らかくほぐれる。

殺風景だった部屋に彩りを。殺伐とした己に潤いを。

 

春夏秋冬、季節がますますグッと身近に感じられるようになった。

 

 

これまた高校生の頃から通っていたHPの管理人さんを某所で発見し、

うわあ!嬉しい!と高ぶる気持ちをなんとか落ち着かせて、そっと眺める。

彼女の綴る文章も、大事な部分は当時から変わっておらず安心する。

 

何が嬉しいって、あの当時自分が好きだなあと思った人がいまだにこうして日常を綴り、それぞれのやり方や分野で表現をし続けていらっしゃることだ。

 

わたしも、良くも悪くも様々な人から影響を受けているけれど、せっかく影響を受けるのなら、せめてこういう人たちから受けたいと思う。

 

本当の意味で心やさしくあたたかな人にもっともっとスポットライトが当たると良い。

そういう時代が訪れているのだと、それがスタンダートになるのだとわたしは信じている。