ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

勘とわたし

持ってる娘。

(重宝するじゃろー。

父の元にもワクチン接種券が届いた。

接種するかしないか悩んでいたけれども、たとえばウイルス感染し重症化した場合と、ワクチン接種をして副反応が強く出た場合とを比較して、どちらのリスクを自分なら引き受けられるだろうかなど、今現在考えられる様々なリスクやメリット・デメリットを並べて考えた結果、父は接種することに決めたのだった。

 

決めたら次はどこで接種するかなのだけど、近所の個人病院も予約が取れるのが最短で8月だとぼやく父。
ウチの地域の集団接種も予約が取れて最短で7月末。

この予約も、巷で話題のネットやらコールセンターでの争奪戦を繰り広げねばならないようだし…電話はともかく、ネットでの予約は父は出来ないからやるのはわたしだ。

 

どうすっかねーと、ワクチン接種実施機関の一覧を見ると、

もう一軒、実家の近所の医療機関を発見。

受付終了時間まであと5分ってとこで、風呂から上がってきた父を取っ捕まえて、「この病院、電話すべし」とせっついて電話してもらったところ。

 

「ちょうど先ほどキャンセルが出たばかりで、今月の●日×時なら空いてますよ」

 

というではないか。

 

デジャヴかな。

hitorigochiru15.hatenablog.com

 

というわけで無事予約が取れたわけだが、予約日が父の仕事が休みの日だったこともあり、
「おい、またお前のカンが当たったな!」と興奮気味に言われたけれど、偶然取れただけの話であり、いつかは必ず取れるのである。 

 

たかが予約で宝くじにでも当選したかのような喜びっぷりに、めでたい人だなあと思いつつ、

「一家に一台居ると便利でしょ。」とドヤ顔った娘なのであった。