ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

弟と料理とわたし

f:id:hitorigochirublog:20210530084537j:plain

弟は何を作っているでしょうか?

(正解は…のちほど。

 ある日の晩、一通りの家事を終えてスマホを見ると、弟から不在着信。

 LINEも入っていたので恐る恐る見てみると…。(←何事かとまず身構えるチキンハートな姉。

 

「ミネストローネの作り方を教えてくれ」

 

とのこと。ε-(´∀`*)ホッ

 

新天地での生活や仕事に追われ、外食やらコンビニ飯やらが続きろくすっぽまともなご飯を食べれていないようで、

「野菜!俺の身体は野菜を欲している!!」と、この日も帰宅が遅かったにもかかわらず自分で料理をしてまで摂取しようってんだからよっぽどだ。
(市販のを買った方が手っ取り早いのでは…とも思ったけれど、市販のはどうしても味付けが濃いのが多いし、量が少ないからなー。

 

下の子あるあるなのか、ネットで調べりゃ出てくることでもまず聞いてくるのは、昔からのクセなのでしょう。(それだけ背中を見られているということでもある。

ネットには大量に情報が落ちているから、「探して選ぶ」っていう作業も何気に手間だし。

 

セロリとトマト(もしくはトマト缶、トマトジュースを入れるのもウマし糧!)とニンニクとコンソメと塩コショウ。

これだけは忘れず入れとけ。あとは自分の好きな具材をぶった切って放り込んで煮るだけだとテキトーに手順を伝え、いったん電話を切る。

 

が、どうにもお節介ゴコロが顔を出し、分かりやすい手順動画もLINEにぺたり。

普段料理をしている人だったら伝わるニュアンスも、そうでない人からしたらイマイチよくわからないだろうから。

 

その後送られてきた写真を見て、「わたしより几帳面…」と思ったりして。ワハハ

 f:id:hitorigochirublog:20210530084540j:plain

そして出来上がり↓

f:id:hitorigochirublog:20210530084543j:plain

 

五臓六腑に染み渡るお手製ミネストローネ。

とても美味しかったそうだ。(写真からも伝わってくるよ。めっちゃ旨そう。

 

一度自分で作れば、次回からはもっと手際よく作れるようになるし、ああしようかな?こうしてみようかな?と自分独自の工夫も生まれるでしょう。

 

今度実家に来た時に作ってもらおーっと。