ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

興味関心とわたし

朝ごはん↓

 
 
 

www.instagram.com

 

 と、昼ごはん↓

 
 
 

www.instagram.com

 

朝昼晩ほぼ同じメニュー。

常備菜が無くなるまではいっつもこう。今は無限ピーマンにハマってる。

自家製冷凍ストック、常備菜

日々の負担を減らすために作っているが、家族と一緒に生活をしていた頃はその日のごはんはその日のうちに瞬殺する家だったので、ストックなんてできなかった。

なんてったってピーク時には1日10合のお米を消費していた家である。※4人家族

 

一汁三菜にこだわりはないけれど、実家で母とご飯支度をしていると、おかずが一品では到底足りないから自ずと一汁三菜(…というか大皿ドカーンなおかずが複数。一汁三主菜)になることが多い。

浅井家の場合、汁物で腹を膨らませるという意味の一汁であり、バランス云々よりも争奪戦(違)を防ぐための三菜という意味合いが強いのでは…?と思わずにはいられない。(って言ったら、母から「違うわよ!あんたたちが美味しそうに食べる姿が好きでたくさん食べさせたいから作ってるの!」とツッコミ入ったけど。そうでしたねすんません笑

 

中食も外食も大いに利用しているが、残念なことに胃袋ブラックホールな浅井家にとっては量が圧倒的に足りない。

そして、量が足りないから2人前3人前…と追加する事になるのだが、そんなことをしていたら食費だけで破産だ。笑

だもんで、食事は家で作ることが多かったし今もそうなのだけど、

 

ここは相撲部屋か。

 

と、思うこともしばしばなのだった。

 

親せきが集まるお盆なんて、庭でバーベキューをしたほうがよほど安上がりかつ腹がたんまり膨らむので、必然的にバーベキュー三昧だよ。

 

 

料理など一通りのことが出来なければ嫁の貰い手が(略)と言われた昔ならいざ知らず、今は出来なくても生きていけるし恥ずかしくない時代である。(何に重きを置くかは人による。

 

わたしは衣食住のうち、「衣」については興味が薄く、それこそいい歳こいてボタン付けひとつままならない体たらくだ。自分が身に付けるものすら自分で繕えない。

家庭科の授業でエプロンを作ったことがあるが、エプロンというより「なんか紐が生えた布」という出来栄えで、先生からも母からも苦笑されたのだった。

 

「食」に興味がなかったら料理なんてしなかっただろうし、自分一人のために作ろうだなんて思わなかっただろう。下手したら食べることすら煩わしいと思っていたかもしれない。

 

わたしは食べることが好きで、たまたま料理の方にも興味関心が持てたからやっているだけで、結局のところそこなのだよなあと思う。たまたまなのだ。

 

興味関心ってムクムクっと湧いて出てくるものだし、あんまり深く考えてこなかったけれど、生きていく上で何気に重要なことなのかもなあ。