ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

猫とわたし

このわたしが動物の話題を出すなど。

(苦手意識が薄れてる。

 2月22日は「ニャンニャンニャン」で猫の日

そして本日2月24日、「ニャンニャンよ」の日は何を隠そう

 

猫のロー君のお誕生日なのである。

 

無病息災、無事1歳を迎えたよーー!!

生誕祭じゃ生誕祭―!!!!

 

虫や動物に苦手意識のあるわたしが、

猫のロー君と出会って以来、強張りがほどけていった。(いまだに苦手な子もいるけれど。

hitorigochiru15.hatenablog.com

 

f:id:hitorigochirublog:20210222155600j:plain

 見よ、この健やかな寝顔を。

おともだち(ぬいぐるみ)と一緒にねんねの図。

 

召されそう。

 

ウチの子可愛すぎじゃない?(お前んちの子じゃねえ

 

ていうかまさかまたロー君に会えるとは微塵も思っていなかったので、

嬉しさ爆発、連絡を受けて実家に転がり込むわたしと弟である。

 

ロー君(…ロー太郎って勝手に呼んでる)は抱っこでおんも(お外)を眺めるのが好きなのだけど、彼を抱っこしてると穏やかな気持ちになってだな。

 

母がその様子を写メで撮っていたようで、

わたしってばまるで女神のようだった。

(すいません調子こきましたすいません。

 

自分で言うのも何だけど、ほんとに慈愛に満ちたやわらかい表情だったもんで、自分で自分に驚いてしまって。

わたしこんな顔できたんだ?!って目ん玉飛び出そうになった。今まで生きてきて見たことねぇわよこんな顔。

だいたいボサッとしてるか無表情か殺気立ってるからな。 

 

間違いなくわたしにこんな表情をさせるのは彼だけなのだけど、

いやー動物…っていうかロー太郎の力ってすごいなあ。

 

とにもかくにもよくぞ1年生きてくれました。本当に立派。

 

何やら彼にとっても山あり谷ありな人生(猫生)のようだけれど、

わたしは君の幸福と安寧をいつも願っているよ。