ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

設計とわたし

生活設計。

(両親の。

父が無事65歳の誕生日を迎えた。

お祝いはひとまず横に置いといて笑、まずは年金の受給相談と諸手続きを両親に付き添ってしてきたのだけど、 

めっちゃ楽しい。

生活設計たーーのしーーーい。

自分のはもちろん、人様のを見るのもかなり楽しい。

 

今回相談しに行って不明点がクリアになったのと、何より父にとってより良い選択も出来たので良かったなあと。

父は働ける間は今後も働くというので、とりあえずは年金は無いものとしてプールしておくそうだ。

そうそう、歳の差婚(5歳以上)をした人で相手の扶養に入っている人は事前に頭に入れといた方が良いと思う事がこれ↓

toyokeizai.net

あわせてこちらも読んどいたほうが良いかも↓

toyokeizai.net

 

ウチの両親の場合、歳の差6つなのでまさにこれに該当するのだけど、父が還暦を迎える前に記事と似たような事例(下記参照)をたまたま身近で見聞きしていたので、慌てることなく事前準備と対応ができた。↓

・会社員の旦那さんと専業主婦の奥さんとの年齢差が20歳ほど離れている夫婦で、

旦那さんが65歳を迎えたが、制度や仕組みを知らなかったため国民年金への変更手続き(奥さん分)をしないまま3年経過⇒当然その間は未納扱いになっているため真っ青!なケース。(その後どうしたのかは知らないけど…多分未納分は後で納付したんじゃなかったかなー。

 

知らない人も結構多いので、小難しくてわからーん!と自分で調べるのが大変なら、一度年金事務所なり社労士事務所で相談することをオススメする。

ちなみに、年金事務所での相談予約は場所によっては全然取れないため、複数候補を選んで予約トライした方が良いと思う。

 

今は人生100年時代だとか言われてるし、知らないと困ることは身近にたくさんある。

両親の補助をしつつ、自分の生活設計もするのだった。

 

さーてやることやったし、父のお祝いをするぞー。