ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

逃げ恥婚とわたし

再放送あーんど特番カウントダウン。

(その前に、原作漫画を再読ちう。

年末年始は好きドラマ再放送パラダイス(別名:脚本家・野木さん祭り)なので、引きこもりに拍車がかかりそうだよ。

 

逃げ恥は、ドラマを出遅れて観て萌えの落雷食らってその日のうちにレンタカー手配してロケ地巡りするほどにはドハマりした作品だ。

実は放送当時、世知辛い世の中にくじけそうになっていたところにこの作品が現れたもんで、相当に助けてもらった命の恩人(大袈裟)でもある。

 

当時のメランコリーな話はさておいて、原作を再読していて当時感じた事と今も変わらないのは、

わたしはこういう関係を築きたいわけではない。ということだ。

 

現行の婚姻制度(というか奴隷制度だと思ってる)については論外として、かと言って逃げ恥で描かれるようなみくりと平匡さんのような関係を築きたいかと訊かれると、うーーーーん………モニャモニャ。と正直違和感にまみれてる。

 

ドラマを観ている最中はそれはそれはガッキー成分大放出で恵みの雨あられだわ石田ゆり子さん演じる百合ちゃんに感情移入と投影と憧れの昇龍拳しまくって一人で大盛り上がりと赤べこの嵐だったのだけど、

んじゃあ自分に置き換えて考えてみたらどうよ?ってなると、途端に冷静になるのだった。スン…

 

理想的だなと思うし、お互いがこんな風に想ったり支え合えればいい関係も築けるだろうなあと思う。

なんだけど、なんだけど。

 

違う、そうじゃない。って思ってしまうのはなぜだろう。

 

それが何なのかを上手く言語化できないけれど、

みくりを演じたのがガッキーだったから、わたしがみくりに対して感じるムムム?(損得勘定的)な所がマイルドになってあまり気にならなくなったし、ガッキーじゃなかったらたぶんここまでハマれなかったかもしれない。というのが答えに一番近いかも。

 

物語と己が感じる現実との乖離は大いにあるけれど、原作もドラマもめちゃ面白い事には変わりないので、作品は作品として楽しむに限る。

観た事ない人はぜひに!!

 

当時の荒ぶるわたしを置いておきますね。(今以上に何言ってんだかよくわかんない文章書いてるねドヒャー。

 

hitorigochiru15.hatenablog.com

 

hitorigochiru15.hatenablog.com

 

 

hitorigochiru15.hatenablog.com

 

 

hitorigochiru15.hatenablog.com

 

 

hitorigochiru15.hatenablog.com

 

 

hitorigochiru15.hatenablog.com

 

 

hitorigochiru15.hatenablog.com

 

 

hitorigochiru15.hatenablog.com