ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

気の遣い所とわたし

ホッとする。

(久しぶりに友人とそのお子に会ってきた。

ライフステージが変わっても、変わらず関係を続けられる人もいるわけで。

彼女との付き合いはかれこれ20年近く(!)になるけれど、姿勢や生き方のブレなささには毎度安心するのだった。

SNS等でのつながりも一切ないため、一年に一度取るか取らないかの連絡でしかお互いの状況を知る術はない。

どちらか一方が連絡を遮断すれば簡単に関係は切れるけれども、かれこれ20年近くもこの関係を続けてこれたのは、双方の想う距離感が一致しているからだろう。

わたしにとって彼女は稀少で貴重な人物である。

気の置けない友人といっても、お互い気は遣うわけで、その遣い所が一致しているというのもとても有難い。

彼女は一児の母として日々奮闘しているが、子どもを見れば彼女がどんな風に接しているかよく分かる。
お子ちゃんの気質もあるのだろうけど、情緒が安定してんだよね。

話をたくさんした中で思わず苦笑してしまったのは、お互い同時期に三半規管の異常による病気を発症していたことだ。

歳か?!やはり歳なのか?!!と冗談半分で話していたが、彼女も自分の置かれた場所で闘っていたのだ。

本来闘う必要のないことでムダに闘わずに済む道を選べると良いよね。
その道はあるのに選べてないからわたしたち。

次はいつ会えるかわからないけれど、彼女と彼女のお子ちゃんが笑って過ごせる時間が1分1秒でも長く、たくさんありますように。