ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

関係とわたし

形は変われど変わらないもの。

(ほどよい距離。

たまに実家に行く日が弟とかぶる。
事前にわかっている時もあれば、基本的に神出鬼没なのでわからないことがほとんどだ。

たいてい意気揚々と鼻歌交じりにやってきて、職場の愉快な人の話や、面白かった出来事を話したいだけ話し、
「ここから俺の伝説が始まった」とかなんとか言いながら汗だくでプランクをして、風呂、メシ、ゲーム、泊まるor自宅へ戻るのが弟の実家ルーティンだ。

わたしとは別の方向で厨二病を発揮している。

この日の夕飯はわたしが作ったが、母が昔よく作ってくれたおかずを作ってみたところ、
うわー!懐かしいー!と、お代わり付きでぺろっと完食してくれた。

その姿は子どもの頃とまったく変わらない。

この関係を築けたことは、嬉しく、また頼もしいとも思う。

わたしにとってセキュアベースのひとつだというだけで、弟がどう思っているかは知らないし、そこはどうでも良い。

この先もほどよい距離で関係を継続していけたらと思う。



親やきょうだい、パートナー他。
互いに自律した人間同士であれば、良好な関係を築けると確信をもって言える。

その関係を望むのなら、付き合い方も考えるようになるだろう。


関係を生かすも殺すも、やはり自分次第なのだ。