ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

知るとわたし2

インターネットの弊害は、より一層自分の見たいものしか見なくなることだという。

広がると思っていた世界はどんどん狭くなっていき、視野狭窄に陥る。

無料がもたらすのは目先の恩恵と自由だ。

それも、一見そういう風に見えて(見せて)いるだけで、必ずどこかで代価を支払っている。

 

…なんてことは、ちょっと意識を向けて調べればわかることなのだけど、
調べていくうちにどんどんお得意の深堀り好奇心が疼き始め、
気が付いたら物理学だの宇宙の仕組みだの、わたしのポンコツ脳では到底理解できない分野にまで広がっていた。

仕組みを知るのは楽しい。
けれども、知れば知るほど恐怖を感じる。

知らない方が良いことも山のようにあるのだろう。

そして、そもそも知るための手段がない物事は、いくら目の前に横たわっていたとしても、自分の目には映らないし、一切存在しないものになる。

知っている方が良いのか、知らない方が良いのか。

果たしてどちらが幸せなのだろう。