ひとりゴチるブログ

つぶやき以上、日記未満。日々の成長記録。

人生勉強

願いと仕組みとわたし

もっと別の場所でも活かしたい。(何度目 (私利私欲、我が強いと活かせないんだぜ…。遠い目 ☆ 何の話って、自分のカンや願い事の話。 仕事や依頼など、自分だけで完結しないことや、自分以外の誰かや何かの為に動いているときはカンが働いたり、とんとこと…

夏とわたし

夏が来る。 (梅雨明けカウントダウン。 ☆ 太陽が久しぶりに顔を出し、朝からもわっとへばりつくようなヌルさ。 昨年にくらべたら比べ物にならないくらい過ごしやすいけれど、 それでも挫けそうになるわたしだ。 大黒摩季姐さんの「夏が来る」を脳内BGMにし…

なないろとわたし

youtu.be なないろ。 (光の色。心の色。 ☆ 今放送中の朝ドラ主題歌がぐるぐると。 朝ドラはどちらかというと時代劇より現代劇派。(だがしかし毎度途中で挫折してしまう…。) 爽やかな主題歌を聴くと、こちらまで爽やかな気持ちになる。 特に好きだーーと感…

相棒とわたし

感情移入。 (涙腺弱すぎ。 ☆ とある方のブログ記事に、相棒だった猫とのお話があった。 出会いから別れ、今に至るまでの経緯や、この方と相棒とで育んできたあれこれを読んでいたら、朝っぱらから涙腺崩壊・嗚咽しまくりだ。 世の中には動物たちとの物語(…

ツールとわたし

何回やっても。 (同じ結果。 ☆ 某ツールを入手し、遊び半分・本気半分で戯れていたのだけれど、 取り組み方を変えても、時間や日を変えても、 4連続同じ結果が出るとかなんなのこれ。面白過ぎるー! サイコロを振って毎回同じ目が出るよりすごい確率。6分…

1周年とわたし

View this post on Instagram A post shared by asai (@gochimogu15) www.instagram.com 出会って1周年! (ローやんとの軌跡。 ☆ この時はまさか家族になるとは思っていなかった。(けど、この時きみが心に棲みついたの。 大きくなったなあ。hitorigochir…

区切りとわたし

区切りの日。 (山形のおっちゃんから届いた佐藤錦のプレゼント! ☆ 無事に誕生日を迎えることが出来た。 この先何歳までこの肉体が生きるのかは知らんけど、人生100年時代と考えるならば3分の1強が過ぎたところだろうか。 まだ、なのか、もう、なのか…

誰がためとわたし

解決。 (そして次へ。 ☆ 仕事で間違いを発見したとき。 ①見て見ぬふりをする ②指摘する ③誰かに相談するさあどうする?(事による) 寝た子を起こすんじゃない、だとか、今までそうだったから、だとか。 わたしごときの力で動かせることとそうでないことも当…

問答とわたし

考える。 (を、考える。 ☆ どこまでも続くよ考える旅。 考えるを考えていたら、考える、がいよいよゲシュタルト崩壊を起こし、 何を思ったか池田晶子さんの墓にまで参った5月末。(わけわからん。 そこで何かを感じ取ったり得たりすることは一切なく、そん…

ワクチン接種とわたし

哀愁漂う背中。 (よく頑張った! ☆ 父とローやんのワクチン接種が終わった。 接種日が被るとか、なんとまあ奇遇だこと笑。 いつ摂取したのかがわかりやすくて良いねと家族で話しつつ。 今回1回目の接種だった父に感想を聞くと、若干腕がダルいかなー?軽い…

アラフォーとわたし

www.tokai-tv.com その女、ジルバ(1) (ビッグ コミックス) [ 有間 しのぶ ]価格: 650 円楽天で詳細を見る アラフォードラマがアツ(厚)い。 (いいぞいいぞもっとやってくれ。 ☆ 漫画が原作の「その女、ジルバ」を見始めた。(安定の出遅れ組 好きな俳優…

やさしさとわたし

週に一度のおたのしみ。 (花の活け方については…おいおいだ!笑 ☆ 毎月27日に季節の花を仕入れていたのが、いまでは毎週の楽しみとなった。 ズボラなわたしは、育てやすく長生きしてくれる観葉植物や多肉植物を好んで迎え入れていたけれど、切り花には切…

年齢とわたし

肉体年齢と精神年齢と。 (己の偏見と。 ☆ とある女性と話をした日。 ほんのわずかな時間だったけれど、彼女の言葉を聞いて思わず「うっ」と涙が出そうになった。 ごくごく普通の、けれども暖かい言葉を当たり前に使ってきた人の言葉。それはそれは沁みる。 …

毒とわたし

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ。 (毒に侵される。 ☆ 日々試行錯誤。 悶々と抱えていても、あーだこーだと悩んでいても、吐き出し帳に書き出してみても。 何はともあれ表現しないことには何も始まらないし―と、 どう考えても結局そこにしかたどり…

知識とわたし

変わらないもの。 (時代を越えて。 ☆ 池田晶子さんの本をじっくりじっくり読む日々。 とても易しい文体で書かれており、日本語、としては通じるが、理解の段になるとあっちゅーまに宇宙空間にポーン!である。 天地左右いま自分がどこに居るのか曖昧になり…

自覚とわたし

別のところからアプローチ。 (冷房の力を借りる。 ☆ 波紋に触れて、抑圧スイッチがいとも簡単に押された。 反応に反応する。噴出する。 迎合と抑圧のワンセット。 きっかけである波紋自体は大したものではなく、わたしが直接どうのこうのということでもない…

哲学とわたし

好きな思考。 (学問となると話は別だけれど。 ☆ 子どもの頃のとある夏休みの夜。田舎で見た星空に圧倒され息を呑んだ。 まっさきに「怖い」と思った。 綺麗なはずの星空は、わたしにはただただ恐怖でしかなく、せっかくの花火もほどほどに家に逃げ込んだほ…

運とわたし

運が良いのか悪いのか。 (良いんだと思う。 ☆ 背面の痛みを抱えながらヨボヨボと整骨院へ行ってみると。 hitorigochiru15.hatenablog.com 担当してくれている先生から、「この時間枠、浅井さんが予約を入れるちょっと前にキャンセルが出たばっかなんすよ!…

お墓とわたし

落ち着く場所。 (伯父のお墓参り。 ☆ 春彼岸にお墓参りが出来なかったのと、報告したいこともいくつかあり、父の兄であるおっちゃんのお墓に行くことにした。 要所要所でおっちゃんに会いたくなるのは、彼が居るかもしれないあの場所がとても落ち着くからだ…

感覚の表現とわたし

何度も何度も読み返す。 (かみ砕いて説明してくれるありがたさ。 ☆ 気が遠くなるような紐解き作業をこつこつと続けているけれど。 hitorigochiru15.hatenablog.com hitorigochiru15.hatenablog.com 先日出会ったこれらによって、またひとつこんがらがってい…

芽吹きとわたし

目まぐるしく。 (季節は移り変わっていく。 ☆ 新緑の5月。 ひたすらゆっくり過ごしたゴールデンウィーク。 最終日は赤城山まで早朝ドライブ。 1日として同じ日は無く、去年見た景色を今年も同じように見れると思ったら大間違いだ。大事なものを見落とすこ…

視点とわたし

捉え方の変容。 (ロー太郎効果。 ☆ 猫のロー太郎をお迎えしてからというもの、動物が出てくる物語に心が揺さぶられるようになり。 たとえばこちらの作品↓ 恋するMOON DOG【電子限定おまけ付き】 1【電子書籍】[ 山田南平 ]価格:550円 (2021/4/21時点) 楽天…

興味関心とわたし

朝ごはん↓ View this post on Instagram A post shared by asai (@gochimogu15) www.instagram.com と、昼ごはん↓ View this post on Instagram A post shared by asai (@gochimogu15) www.instagram.com 朝昼晩ほぼ同じメニュー。 (常備菜が無くなるまでは…

守るべきものとわたし

こんなん可愛いに決まってるやん。 (あざと可愛い男、ロー太郎。 ☆ 母から毎度毎度送られてくる動画。 ちなみにこの姿は、わたしが実家に行く日に「お姉ちゃん来るよー」と母が声掛けをした際にとったポーズだという。(超絶ダッシュで実家に行った。 己の…

育むとわたし

タイムリーな話題。 (ペットの話。 ☆ ラジオを付けたらちょうどペットの話題だったので、これから飼ってみようかなと思う人は耳を傾けてみてほしい。(01:31:40~数分間。エリアによっては聴けないかもしれません。 radiko.jp 昨日の記事でも書いた通り、猫…

家族とわたし

ロー太郎、浅井家の子になる。 (伯母になったぞー! ☆ 正しくは弟んちの子。 なのだけど、引き取ると決まったタイミングで、この春から弟がまさかの群馬本社へ転勤。/(^o^)\ナンテコッタイしかも会社が用意してくれた家がペットNGとのことで、いつこっちに戻って…

言葉の概念とわたし

共通認識の違い。 (どうすり合わせをしようか。 ☆ 会話の最中、同じ言葉や単語を使っているはずなのにどうしてかズレを感じることがある。 うん、そうだね……???と、首を傾げることもしばしばだ。 互いに”日本語”という共通言語を使用しているので言葉は…

没頭とわたし

ものっそ面白い。 (脱線に次ぐ脱線。すまぬ江戸と明治。君らの出番はもうちょい後だ。 ☆ この記事の流れで、岩村暢子さんの研究レポートや著書をむさぼるように読んでいる。 hitorigochiru15.hatenablog.com 気が付いたら朝である。(貫徹 徹夜なんてしよう…

紐解き作業とわたし

youtu.be youtu.be 違和を紐解いていく。 (両動画とも、特に後半の考察部分は思うこと、感じることがわんさか溢れてくる。 ☆ 高校生の頃に、家庭科の授業で「個食」や「孤食」について取り上げた本やテレビ番組を紹介されたことを思い出す。 かれこれ20年ほ…

歴史とわたし

江戸と明治のはざまで。 (入り口としては大河…大河ドラマがいいだろうか。 ☆ まったく別方向で興味関心欲求を満たしていたら、江戸~明治、特に江戸末期や明治維新がこれでもかとじゃんじゃか出てきた。 ちょうどいま放送している大河ドラマ、「青天を衝け…